× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 イベント・キャンペーン 新刊・既刊案内 お問い合せ
美しいくらし
東京、なのに島ぐらし トラベル・ジャーナリスト
寺田直子
第4回 紺のエプロンと紫のエプロン
 開業時から使っていたエプロンがついにすり切れてきてしまいました。
 ハブカフェを開業して4年目。シンプルな紺のエプロンは営業に必ず身に着けてきた相棒のような存在でした。

4年目の春も伊豆大島は新緑が美しい


 このエプロンを購入したのは、錦糸町の駅ビルのインテリア雑貨屋でした。なぜ、錦糸町か。カフェを開業するにあたり、スキルを磨くためクッキングスクールに通うことにしたのですが、その教室が錦糸町の駅ビル内のカルチャースクールだったから。入学する際、必要なものとして「筆記用具、ふきん、エプロン」と書かれていました。それまで自宅で料理をするにしてもエプロンなどしていませんでした。

 さて、エプロンってどこで買うものでしたっけ?

初代の紺色エプロン

 スクール初日。結局、バタバタしていてエプロンをじっくり探す時間がないまま当日になってしまいました。学校に持っていくものを忘れてしまった小学生の気分です。それでも、「駅ビルなら何か見つかるかも。100均があれば、あるかもしれない」とワンチャンスを期待して探索開始。
 1~3階までは大型家電店なのでここはまずないでしょう。5階はレストランフロアで6階は私がこれからお世話になるカルチャースクール。ということで勝負は4階のファッション・グッズフロアのみ。見つかるかマイエプロン!

 若い方向けのファッション店舗、コスメショップなどの中に1カ所、カジュアルなインテリア小物、アクセサリーなどを置いているテナントがありました。私のセンサーが反応します。まず店舗内をざっと見まわします。かわいらしいキャラクターアイテムや、甘いピンク色の雑貨ばかり。ここになかったらどうしよう。すると、あまり目立たない奥のスペースに目を向けると。。ありました!ほんの数点エプロンがラックにかかっていました。花柄やレースのファンシーなエプロンの中にたった1点。ネイビーのエプロンを見つけたときは「これで教室の講師に怒られない」という安堵感でした。

温暖な波浮港周辺では早くもアジサイが咲き始めた

 結局、そのエプロンをカフェ開業後もずっと使うことになるのですが、丸3年もすればすり切れる箇所も増えてきます。その都度、使わなくなったハンカチをカットしてあて布をしていましたが、さすがにくたびれてきたので愛着はとてもありますが長年の活躍に感謝をしつつ現役引退してもらうことに。
 代わりには、ステキな女性オーナーが自ら一枚一枚、手作業で作り上げるリトアニア製リネンのきれいな紫のエプロンを選びました。錦糸町からリトアニアへバトンタッチです。
 おろしたてのリネンはまだ固く、ちょっとよそよそしい風情ですが、使ううちにくったりと柔らかく、私の身体のラインに馴染んでくれるはず。色も少しずつ抜けてより落ち着きのあるものになっていくことでしょう。


 モノを使うということは人生を重ねるということ。縁があって私の手元に来たこの新しいエプロンと共に新たな気持ちでハブカフェのお客様をお迎えしようと思っています。(つづく)
ページの先頭へもどる
【てらだ・なおこ】
トラベルジャーナリスト。東京生まれ。日本及びシドニーでの旅行会社勤務を経て、フリーランスライターとして独立。旅歴約40年。訪れた国は約100カ国。ホスピタリティビジネス、世界の極上ホテル&リゾートに精通。雑誌、週刊誌、ウェブ、新聞などに寄稿するほか、ラジオ出演や講演など多数。豊富な取材経験を活かし、インバウンドを含め日本の地方の活性化、観光立国化に尽力、関連セミナー、ワークショップ、講演などに登壇するほか、山口県観光審議委員(~2017)、青森県の観光アドバイザーを務める。2013年、第13回フランス・ルポルタージュ大賞インターネット部門受賞。JATA ツアーグランプリ審査員(~2018)。Yahoo!Japan ニュース・エキスパートとして「サスティナブル」「レスポンシブル・ツーリズム」を軸に最新の旅トレンドを発信中。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)、「ロンドン美食ガイド」(日経 BP 社 共著)、「イギリス庭園紀行」(日経 BP 企画社、共著)、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。「ホテルブランド物語」は韓国で翻訳出版され、ホテリエたちの教本的存在になる。現在、東京都・伊豆大島を拠点に執筆のかたわら古民家カフェ Hav Cafe を運営。
新刊案内