× close

お問い合せ

かもめの本棚に関するお問い合せは、下記メールアドレスで受けつけております。
kamome@tokaiedu.co.jp

かもめの本棚 online
トップページ かもめの本棚とは コンテンツ一覧 イベント・キャンペーン 新刊・既刊案内 お問い合せ

試し読みする!
WEB連載の初回記事をお読みいただけます
 

『イタリアの美しい村を歩く』

中山久美子 著

定 価 2,200円(税込)
判 型 四六判・並製
ページ 256頁(カラー107頁)
発売日 2022年10月22日
ISBN 978-4-924523-35-7

本の紹介
トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、これまでに訪れた「イタリアの最も美しい村」の中から“忘れられない”30の村をセレクト。「飾らない、ありのままのイタリアを伝えたい」という思いから、電車やバスに揺られながらのローカルな雰囲気が楽しめる村を北部から南部までラインアップ。旅先での出会いやエピソードをちりばめながら、心に沁みる美しい村の魅力を綴る。
《「イタリアの最も美しい村」協会推薦本》
著者紹介
兵庫県出身。28歳でフィレンツェ留学、のち現地で結婚。現在はフィレンツェ北部の田舎で、夫・息子2人の4人暮らし。さまざまな分野の取材・視察・ビジネスのコーディネイトと通訳を一貫して行う。趣味の個人旅行とトスカーナ愛が高じて、ウェブサイト「トスカーナ自由自在」を2015年に開設。ありのままの日常生活を紹介するとともに、郷土料理や祭り、生産者、小さな村などイタリア各地の魅力を発信している。

【トスカーナ自由自在】https://toscanajiyujizai.com/
目次一覧
プロローグ
本書で紹介する「イタリアの最も美しい村」30村のマップ

◆北部
【ピエモンテ州】
1 オルタ・サン・ジュリオ――秋のオルタ湖に想いを寄せて」
2 モンフォルテ・ダルバ――世界遺産のブドウ畑と絶品グルメを求めて
【リグーリア州】
3 ヴェルナッツァ――カラフルな町並みと美しい海が織りなす絶景
トレンティーノ・アルト・アディジェ州
4 ヴィピテーノ――南チロルの文化が息づく国境近くの村へ
5 エーニャ――日だまりのアーチを抜けて
【ヴェネト州】
6 アーゾロ――偉大な女性たちが愛した休息の地
7 ボルゲット――ミンチョ川に浮かぶ愛のゆりかご
エミリア・ロマーニャ州
8 ボッビオ――石橋に魅せられ、にぎわう朝に心惹かれ
9 ドッツァ――村がまるごとアートギャラリー
10ブリジゲッラ――3つの丘とロバ通り
◆中部
【トスカーナ州】
11 バルガ――看板おじさんに会えるスコットランド風の村
12 スカルぺリア――伝統と歴史がきらりと光る刃物の里
13 モンテフィオラッレ――ブドウ畑を見おろす小さな村
14 アンギアーリ――レオナルド・ダ・ヴィンチ幻の名画の舞台
15 ルチニャーノ――「キアーナ渓谷の真珠」で一生の愛を誓う
16 サンタ・フィオーラ――アミアータ山の大自然に抱かれて
17 ピティリアーノ――凝灰岩にそびえ立つ小さなエルサレム
18 カパルビオ――心ときめくマジェンタ広場
19 ジリオ・カステッロ――剛健な城壁に守られた迷宮の村
【マルケ州】
20 オッフィーダ――女性が紡ぐレースの世界
21 グロッタンマーレ――アドリア海の秘密のオアシス
【ウンブリア州】
22 デルータ――めくるめくマヨリカ焼きの魅力
23 スペッロ――インフィオラータと花の小道
【アブルッツォ州】
24チヴィテッラ・デル・トロント――空に浮かぶ巨大な石の軍艦
25 ナヴェッリ――サフランの香り漂う高原へ
◆南部
【カンパーニア州】
26アルボリ――アマルフィ海岸の郵便屋さん
【プーリア州】
27 モンテ・サンタンジェロ――聖なる大天使が宿る巡礼地
28 ロコロトンド――白い村のきらめくクリスマス
【カラブリア州】
29 コセンツァ・ヴェッキア――文化都市復興を目指す「カラブリアのアテネ」
30 トロペア――自然と歴史が交差する赤タマネギの村

エピローグ
 
NEWSNews一覧へ

2024.06.24

朝日新聞(6/24)に新刊『にっぽん味噌蔵めぐり』書籍広告を掲載

2024.06.19

新刊『にっぽん味噌蔵めぐり』が発売になりました!

2024.06.06

蟹江杏さんの画業25周年記念アートブックが発売になりました!

2024.06.05

石井直明先生が「抗加齢医学功労賞」受賞!

2024.05.24

その瞳が見つめる先は?画家・蟹江杏さんのインタビュー後編
新刊案内
ページの先頭へもどる